複数の人

農業の求人は魅力がいっぱい|自然豊かなところで働ける

定年退職後に就く人も多い

タクシーの看板

無線配車とGPS無線配車

他の仕事と同様に、タクシー会社への転職も待遇や仕事の内容などをよく吟味してから、受ける会社を選ぶ必要があります。タクシー会社への転職を意識しているなら、採用している配車の方法もチェックしておくと良いでしょう。現在のタクシー業界は配車に関して過渡期にあります。配車には2種類の方法があり、無線配車とGPS無線配車が存在し、次第にGPS無線配車に切り替える所が増えています。無線配車かGPS無線配車かによって、実はドライバーのお客の探し方や収入にも影響してきます。GPS無線配車の場合、お客から連絡があると近場のタクシーを配車センターが呼び出してお客の元に向かわせます。このため流しの営業を行う時間が減ります。初めてタクシーに転職する場合は、このGPS無線配車の会社を選ぶ人も多くいます。理由は初心者であっても、流し営業で収入に差をつけられにくいためです。

中年でも働きやすい職場

日本では業種に関わらず、中年以上の年齢の人は一旦仕事を辞めると再就職先を探すのにかなり苦労をします。そのような社会構造の中で、中年でも転職しやすい職場として重宝されているのが、タクシーの仕事です。仕事の特徴を挙げていくと、まず1つ目に固定給ではなく歩合給が採用されている点が特色です。基本給もありますが、通常は歩合給との組み合わせであり、お客を多く乗せ、長く走るほど歩合給が高くなる仕組みです。2つ目の特筆すべき特徴として、定年の年齢が他の職業に比べると高いという点も挙げられます。多くの職業では定年は60代ですが、タクシーの場合は70代を超えても現役で走れるタクシー会社もあり、定年退職者がその後も働くために転職するケースもあります。